車の運転で稼いでみよう

昼に何か別の仕事をしているから、キャバクラやホストのような夕方ごろから仕事が始まる仕事だったり、朝から夜まで、不定期な時間で仕事を行うPRスタッフのような仕事はできない……というような人もいます。
その様な人は高収入バイトへの挑戦を諦める必要があるか……答えはNOです。
もしもあなたが運転免許証と自分の車を持っているのなら、とっておきの仕事が存在しています。

免許証と車を持っているならできる仕事、それは車の運転手です。
ですが、決してタクシーの運転手のような仕事ではありません、この仕事はキャバ嬢を載せて走る「キャバ嬢送迎ドライバー」という仕事なのです。
この仕事の内容は非常にシンプルで、仕事を始めると「×時に△△△の辺りまで車に乗って来てくれ」という風に依頼を受けます。
そして、指定の時間頃にその場所に行くと仕事終わりのキャバ嬢が数人待っているので、そこにいるキャバ嬢全員を車に載せ、各自の自宅や送ってほしい場所などを聞き、そこに向けて車を走らせ、全員送迎し終わったら仕事終了となります。
ここだけを聞くと多くの人は「キャバ嬢と一緒にドライブしてるだけで稼げるなんて最高じゃないか!」という風に思うかもしれません。
ですが、この仕事もホールスタッフの仕事のように、影で見えない苦労をしながら稼ぐタイプの高収入バイトなので、実は非常に苦労の多い仕事なのです。

この仕事というのは「キャバ嬢を全員送り終わったタイミングで仕事終了」となります。
それはつまり、言い換えると「キャバ嬢が車の中に誰か一人でも残っていると仕事が永遠に終わらない」という事でもあります。
なので、キャバ嬢の一人が都内、もう一人が千葉、その次は埼玉……という風に、全員がバラバラかつ遠方に住んでいる場合、それこを西へ東へ北へ南へ行ったり来たりしながら走り回る必要があるのです。
もちろんこのような事態になれば仕事が終わる時間も遅くなり、全員送り終わったらもう朝日が昇る頃、なんていう事も決して珍しいことではありません。
また、店舗によっては車内でのルールが決められている事もあり、もし「車内では自分からキャバ嬢に話しかけない、何か聞かれたときと行き先を聞くときだけ話していい」というようなルールが存在している店舗で働くことになると、ひたすら無言で車を走らせ続け、道の確認をするときなどに一言二言会話をするだけ……というような、非常に退屈な運転を行うことになるのです。

このように、状況によっては非常に退屈かつ、辛い運転を行い続けることになる可能性もありますが、もししっかりとこなすことが出来れば1日で多ければ1万円程度のお金を稼ぐこともできるので、副業として行うのには非常に効率よく稼げる仕事です。
そしてこの仕事を行っている人が口をそろえていう言葉に「素のキャバ嬢の笑顔が見れるから楽しい」という言葉があります。
仕事を終えて疲れてきり、仕事中の演技じみた笑顔ではなく、一人の女性として過ごしている時に見れるあの眩しい笑顔をバックミラーで見たり、自宅まで送迎した後に「ありがとうございました」と言ってくれる時の笑顔が非常に可愛く、その笑顔を見たいからずっと続けている、なんていう人もいるのです。

始めてみると思いもよらないやり甲斐を見つける事も出来るこの送迎ドライバーの仕事、夜の遅くにしか働けないという人なら稼ぎつつ、キャバ嬢の様々な一面を見る事も出来るので、興味がある人は送迎ドライバーの仕事を探してみましょう!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

実は稼げる仕事です

キャバクラの黒服と呼ばれるホールスタッフや、ホストのような仕事というのはしっかりと働くと通常の仕事では稼げないような大金を稼ぐことができる、とてもお得な仕事です。
ですが、この仕事というのはいわゆる「夜の仕事」と呼ばれる仕事で、人によっては人がやってる分には何も思わないけれども、自分でやるのはちょっと……という風に、抵抗感を持つ仕事でもあります。
そして、そのような夜の仕事に抵抗感を持っているけれどもしっかりと稼ぎたい、という人も決して少なくありません。
もしそのように思っているのなら、PRスタッフと呼ばれる仕事に挑戦してみるのも良いかもしれません。

PRスタッフ、という名前を見るとなんだか大勢の人の前で商品の説明をしたりするような、とても大変な仕事を想像する人が多くいます。
確かにそのような仕事も存在していますが、その様な仕事とは違うPRスタッフというのも存在しているのです。
今回取り上げるPRスタッフというのは、多くの人が日常的に目にしている物で、一般的には「ティッシュ配り」と呼ばれる仕事になります。

ティッシュ配り、多くの人は「こんなの絶対稼げない!」と思うかもしれませんが、実は意外と稼げる仕事なんです。
通常店舗のPRをしようと思った場合、チラシを作って掲載したりポスティング業者に頼んでポスティングしてもらったり、ネット上に広告を出したりと、様々な方法を活用することになります。
しかし、その様な方法を取る場合、ある程度の大きさのチラシを数百枚、となるとそれだけでお金がかかってしまいますし、それを業者に頼んでポスティングしてもらうとなると、それだけで非常に多くのお金がかかってしまいます。
ですが、ポケットティッシュに入るような小さなサイズの大量に作ったとしてもそこまでお金はかかりませんし、ポスティング業者に頼むよりもPRスタッフに比較的多めのお金を渡してティッシュを配ってもらった方が費用も安くなります。
また、PRスタッフに店舗の制服や名前の入ったジャケットなどを着てティッシュを配ってもらうと、それだけで非常に多くの人が店舗の名前を目にするため、ただ立っていてもらうだけでお客が入ってくる可能性が出てくるも出てくるのです。
ティッシュ配りにはそのような重要な役目がある為、通常の仕事と比べると時給も高く、高収入バイトと呼ばれるようになったのです。

また、これらの仕事で配るチラシの中には「誰が配った物かわかるようになっている」特別なチラシも存在します。
そのようなチラシの場合、店舗に入る際に「このチラシを見てきたんですが……」と利用したお客さんが店舗スタッフに報告すると、給与にインセンティブが追加されることもあります。
なので、上手くティッシュを配っていき、多くの人にもらってもらい、そのうえでお客さんの入りがよくなればそれだけであなたの給料もグンッ!と上昇していくのです。

ですが、このような仕事を行う際に注意しないといけない点として「誰も受け取ってもらえない時のショック対策」と「肉体的疲労が溜まる」という点があります。
大阪のような地域ではティッシュを配っているとほぼ確実にもらっていってくれる、という調べが出ていますが、都内のような場所で配っている場合、多くの人が「もらうのが恥ずかしい」「なんだか怪しい」というような理由により、ティッシュを受け取ってくれる人が少ないのです。
その為、いくら頑張っても受け取ってもらえない、自分の努力が無駄に思えてしまうような時も出てきてしまいます。
その様なときにうまく自分の中で折り合いをつけることができなければ仕事をしていて徐々に心が辛くなってくるので、精神的なショックに対する対策を行うようにしましょう。
また、仕事中は常に立ちっぱなしで作業を行い、各自の持ち場を右へ左へ行ったり来たりしながらティッシュを配ることになります。
その為、足や腰、腕が非常に疲れてくるので、仕事の途中でうまく疲労回復を行いながら作業が出来るように工夫していくようにしましょう。

上手く受け取ってもらえて、そのうえで店舗の利用者が増えれば元からそれなりに高い給与がさらに上昇していきます。
その為、仕事をしながら「どうすれば受け取ってもらえるような渡し方が出来るか」「どうすれば好印象を持ってもらえるのか」というような点を意識しながら仕事を行い、しっかりと稼いでいってみましょう!

カテゴリー: 未分類 | コメントする